気まぐれ日記

ゲームキャプチャーやパソコンを使わずにゲーム実況出来たのでやった


ニンテンドースイッチでスプラトゥーン2をするようになってから、YouTubeでスプラトゥーン2の実況動画を見るようになった。

2017年の12月頃からだろうか。ゲームは好きだし、自分にもゲーム実況ができるのではないかと、ゲーム実況に必要な機材をインターネットで、調べた。

すると、大まかに、ゲームキャプチャー、パソコン、マイク、編集ソフトが必要だとわかった。

ゲームキャプチャーの価格は1万円から2万円くらい。

パソコンは必要スペックが高めで、望ましいのがゲーム専用パソコン。中古で5万円から。新品で10万円以上。

編集ソフトは、ゲームキャプチャーに付属されているのを使用するか、編集のこだわりがあれば、1万円、2万円くらい。

僕は、ノートパソコンを持っているが、ゲームキャプチャーの必要スペックに達していないので、パソコンが必要なゲームキャプチャーは使うことができない。

そこで、考えたのは、スマホの動画機能で直接、テレビを撮影することだった。

ゲーム音と自分の声を拾う方法はスマホのゲーム撮影時に、一緒に録音される。

動画撮影と、録音するアプリを別々にすることはしなかった。

スマホを支える三脚はアマゾンで数百円で購入した。

いざ、スマホでゲーム実況をすると、スマホで、テレビのちょうどいい置き場所がなかなか合わせるのが大変。

ゲーム実況するにも、スマホの隣くらいに自分がいてないと、声をあまり拾ってくれない。

テレビの音と自分の声の録音されるバランスがなかなか難しい。

スマホでテレビを録画すると、色合いがやや不自然になる。

昼間は太陽の光でテレビの色合いが影響してしまう。

光を遮断するカーテンだったらいけるかも知れない。

ゲームキャプチャー無しで、スマホで、ゲーム実況は出来たが、手作り具合がかなり色濃い。

ゲームの音は、ややエコーがかかっている感じ。

実況している僕の声は、ややぼやけている感じ。

結論としては、ゲームキャプチャー無し、パソコン無し、マイク無し、編集ソフトも無料で簡易的なアプリもあった。

スマホ1個あればゲーム実況は出来た。

ゲームキャプチャーやゲーミングパソコン、編集ソフトなど、必要な機材をそろえることが困難であれば、スマホでゲーム撮影して実況してみてはいかがだろう。

もしくは、ゲーム実況は、やったことがないけど、うまくやれるかわからないなら、お試しで体験してみよう。

では、また。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
人気記事
カテゴリー
ブログ運営者

あずえん

Capricious diary(気まぐれ日記)を書いています。ジャンルは、バラバラです。非常に該当の記事を探しにくい仕様にしてしまっていますが、気が向いたら修正していこうと思っています。っと、言うか、ひそかにちょっとずつ修正している悪戦苦闘の日々です。このブログ以外に別に2つブログ運営しています。このブログの出来が一番ひどいです^^;