気まぐれ日記

FPSのオンライン対戦ゲームをプレイするとストレス発散?溜まる?


Pocket

FPSのオンライン対戦であるスプラトゥーン2を300時間プレイしてきました。ぼくは今までテレビゲームでストレスを感じながらプレイしたのはFPSのオンライン対戦が初めてでした。

FPSのオンライン対戦をプレイしている間は、いつも歯をくいしばってしまいます。歯をくいしばる力が、首筋の緊張を高めてしまっているような感覚でした。


スポンサーリンク

そこで、FPSのオンライン対戦はストレスたまる原因は何だったのか書いていきます。

FPSのオンライン対戦ゲームのプレイによると感じた身体の部位の体調不良

首から肩や背中が痛くなりました。胸や腕がシビれるようになりました。手の指、腰から太もも、ふくらはぎ、足先もシビれるようになりました。

今まで、身体のいたる部位がシビれる経験はありませんでした。どうも、ストレスが蓄積されてきたような気がします。

ガマンしながらオンライン対戦をプレイしているので、怒りや悲しみなどの発散の場を失ったがストレスが身体で処理しているような感覚です。

FPSのオンライン対戦ゲームはストレス発散されない?

ぼくは、ストレス発散にFPSのオンライン対戦は向いていないと感じました。ストレス発散を追求しても、オンライン対戦の回数を増やせば増やすほどに、ストレスを受けている量も増えているような感覚です。

最初は楽しくプレイしていても、オンライン対戦の回数を増やせば増やすほどに、怒りや悲しみを受けている量も増えているような感覚です。振り返ってみると身体に悪いことをしているように感じました。

このような状況になっても、オンライン対戦を繰り返してしまいますので、FPSのオンライン対戦に非常に依存してしまいましたね。ストレスが発散されず、ストレスがたまってしまうのにプレイしてしまいます。


スポンサーリンク

FPSのオンライン対戦ゲームでストレスがたまった影響

FPSのオンライン対戦にかけたプレイ時間で周りの人間関係に良い影響を与えてきた感覚もありませんでした。むしろ、自宅に引きこもる時間が増えてしまいましたね。

日中に母親がいるときはオンライン対戦ゲームはしません。ゲームをすると怒られるからです。夜中に母親が寝たのを確認してからFPSのオンライン対戦をしてしまいます。

母親はゲームにのめりこんでいるぼくの姿を見て、何度もゲームは止めろと怒ります。何度も言われてイライラが爆発してしまうと、母親に反発して怒鳴り散らしてしまうこともありました。オンライン対戦をしているだけで母親には注意されてしまいます。オンライン対戦をしているだけで母親に反発して怒鳴り散らしてしまいます。

母親にイヤな思いをさせたり、ストレスを与えてまで、オンライン対戦プレイすることに疑問を感じてきましたね。身体中の血液の循環が鈍くなり、いろんな病気になってしまう予兆すら感じています。

ぼくはFPSのオンライン対戦をプレイしてストレスが発散した経験はありませんでした。むしろ、オンライン対戦をプレイすればするほどストレスもだんだんたまります。ストレスがたまりにたまって身体のあらゆる機能に支障が出ているように感じています。

オンライン対戦ゲームは健康によくないと感じています。

FPSのオンライン対戦ゲームをやめたらどうなる?

ぼくは、オンライン対戦ゲームにハマりこむことで家族に迷惑をかけているように感じています。そして、周りの人間によい影響を与えていないように感じます。

ぼくはFPSのオンライン対戦ゲームを卒業したいと考えています。FPSのオンライン対戦を卒業することで本来の自分を取り戻せるような気がしているからです。

FPSのオンライン対戦でストレスを発散できているか、ストレスがたまって余計につらい気持ちになっているかどうかを振り返る時間は、人生を左右する大切な時間だと感じましたね。

「FPSのオンライン対戦ゲームをプレイするとストレス発散?溜まる?」は以上となります。


スポンサーリンク
Pocket


コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
アクセスランキング(過去7日間)
ブログ運営者

あずえん

Capricious diary(気まぐれ日記)を書いています。ジャンルは、バラバラです。非常に該当の記事を探しにくい仕様にしてしまっていますが、気が向いたら修正していこうと思っています。っと、言うか、ひそかにちょっとずつ修正している悪戦苦闘の日々です。このブログ以外に別に2つブログ運営しています。このブログの出来が一番ひどいです^^;

最近の投稿
人気記事
カテゴリー