気まぐれ日記

ネットカフェでニンテンドースイッチのスプラトゥーン2をプレイしてきた感想


自宅のインターネット回線から無線LANが利用できますので、いつも自宅でニンテンドースイッチをプレイしています。今回はネットカフェにニンテンドースイッチを持っていきました。

アラフォー男性が選んだニンテンドースイッチをプレイした部屋の種類

ビジネスルームで四方の仕切りがされている部屋を選びました。

30代後半でニンテンドースイッチをプレイしている姿を見せるのは、はずかしい気持ちがありますね。

そういった意味でオープン席を選べませんでした・・・。

ネットカフェと自宅とのニンテンドースイッチをプレイしたときのちがい

自宅でニンテンドースイッチをしたときの気分と、ネットカフェでニンテンドースイッチをプレイした気分を比べてみました。やはりネットカフェは、ドリンク飲み放題が魅力の一つですね。また、すこし薄暗くて落ち着いた空間です。

ニンテンドースイッチのスプラトゥーン2のガチマッチを何度かプレイしました。いつもより勝率が高かったですね。マッチングの組み合わせの影響もあるかも知れませんが、気分的には自宅よりも落ち着いてプレイできましたね。母親と一緒に住んでいるので、ぼくがニンテンドースイッチをプレイしていると母親に怒られます。

母親から見ると、ぼくがニンテンドースイッチをプレイすることによって、首筋、肩、背中、ノド、アゴのコリ、手足の冷えや指先の麻痺、ふくらはぎの痺れ、左胸周りのしびれなどを引き起こした原因は、ゲームのし過ぎだと言われて何度も怒られます。

母親はニンテンドースイッチの本体を見るだけで怒ります。そのためにぼくは、自宅でニンテンドースイッチを堂々とプレイすることができません。母親が外出しているか、寝ている夜中に、コッソリとニンテンドースイッチをプレイしています。

たしかに、ニンテンドースイッチを購入してスプラトゥーン2のオンライン対戦を体験してから1日8時間から12時間くらいプレイしていた日も普通にありました。母親から見ると、ぼくがスプラトゥーン2のオンライン対戦をしているあいだは、身体に力を入れ過ぎているように見えるらしいです。

あと、なにか異様なものに取りつかれてしまったようにも見えるらしいです。自宅では母親の監視もありますのでニンテンドースイッチはコソコソとスキマ時間にプレイしています。

ネットカフェだと、だれからも干渉されず、飲みたいドリンク飲み放題を味わいながら薄暗い空間でプレイできます。ニンテンドースイッチに集中できたからガチマッチの勝率が高かったかも知れないと感じました。

※ネットカフェでゲームを長時間やり過ぎると命にかかわる可能性もありますので気を付けましょう!!
CNN.co.jp : 3日間ゲームし続けた男性が死亡 台湾のネットカフェ

ニンテンドースイッチをプレイする以外にも利用価値のあるネットカフェの利用法とは

たとえば、パソコンで仕事、勉強や自習など、一気に集中したい場合はネットカフェの選択もアリだと感じますね。

3時間以上利用する場合は何時間パックのプランもあります。

自宅では、なかなか思うように物事がうまくいかない。
集中して仕事したい、勉強したい。
だれからも干渉されずにマンガを読みふけりたい。

このように気分をリフレッシュさせるにはネットカフェは快適な空間だと感じました。

「ネットカフェでニンテンドースイッチのスプラトゥーン2をプレイしてきた感想」は以上となります。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
人気記事
カテゴリー
ブログ運営者

あずえん

Capricious diary(気まぐれ日記)を書いています。ジャンルは、バラバラです。非常に該当の記事を探しにくい仕様にしてしまっていますが、気が向いたら修正していこうと思っています。っと、言うか、ひそかにちょっとずつ修正している悪戦苦闘の日々です。このブログ以外に別に2つブログ運営しています。このブログの出来が一番ひどいです^^;