気まぐれ日記

スプラトゥーン2プレイ後にWiiUスプラトゥーンセット買った感想


Pocket

ぼくはニンテンドースイッチを2回買いまして、スプラトゥーン2を2回買いました。アマゾンのスプラトゥーン2のレビューなどを見ていますと、スプラトゥーン1の方が良かったという意見がかなり多く書いていますね。


スポンサーリンク

スプラトゥーン2は低い評価が多いようです。スプラトゥーン2はストレスがたまりやすく、スプラトゥーン1は爽快感があると書いてあるレビューも何度か目に入りました。「スプラトゥーン2を買ったのが、間違いでスプラトゥーン1 を買った方が良かったのか・・・?」と、一時的にニンテンドースイッチを買ったことを後悔しそうになったこともありましたね。

 

音楽はスプラトゥーン1 がよかったとか・・・
スプラトゥーン2になってからスペシャルが弱体化したから打開ができなくなったとか・・・

 

スプラトゥーン2の評価は低くて、スプラトゥーン1に対する熱いレビューが多いように感じました。レビューを読んでいるうちにスプラトゥーン1 に興味を持ちました。

 

YouTubeでスプラトゥーン1 のゲーム実況者の動画を見てみました。しかし、スプラトゥーン1の方がよかったと言っている人たちの気持ちが理解できませんでした。スプラトゥーン2よりおもしろいと書かれているスプラトゥーン1をやるためにWiiUのスプラトゥーンセットを購入しました。

 

スプラトゥーン2をプレイしたあとにWiiUスプラトゥーンセットを購入してプレイした感想

 

スプラトゥーン2からプレイしたぼくはスプラトゥーン1を5時間くらいナワバリとガチマッチをプレイしてみました。直感的に感じたことを書いてみます。ヒーローモードは、まだやっていません。

 

WiiUのコントローラは大きくて操作がしにくいですね。ぼくはスプラトゥーン2をプレイする時、ニンテンドースイッチのプロコンではなく、通常のコントローラを使っています。WiiUはコントローラーがデカすぎますね。あとでニンテンドースイッチのコントローラを持つと小さく感じてしまいます。

 

プレイしていて一番不便に感じましたのはジャンプのボタンの位置が変わっていたことでした。ボタンの位置が変更できるようにしてほしいと感じましたね。ジャンプしようとして、そのままジャンプができずに、何度もステージ外に落ちたりしましたね。

 

スプラトゥーン1はスペシャルが派手ですね。特にスーパーショットやトルネードがヤバイですね。センサーもいきなりつけられてしまうのがびっくりしました。スペシャルの性能は非常に強くて、スプラトゥーン2と比べると非常に理不尽だと感じました。スーパーショットは、スプラトゥーン2で感じたことがないほどに理不尽で反則技みたいなスペシャルだと感じたくらいに強烈な威力だと感じました。

 

カーボンとかローラーの当たり判定が、スプラトゥーン2よりも、なんだか広くなっている気がしましたね。エイムが多少ブレていてもスプラトゥーン2より当てやすいですし、当てられやすくなっている気がしました。チャージャーの射程距離がスプラトゥーン2よりもすごい長い気がします。スプラトゥーン1のスプリンクラーとかシールドは非常に固かったです。

プレイヤーのヘアスタイルの種類が限られていました。ガチマッチのウデマエがスプラトゥーン2みたいに分かれてになっていないですね。スプラトゥーン2よりもカンストはしやすいように感じました。

 

ブキとサブの組み合わせがスプラトゥーン2にはない組み合わせが多かったのが新鮮でした。スペシャルは試合の流れを大きく変えるくらいの威力があり強すぎると感じました。クイボラッシュだけは、スプラトゥーン2でも、いずれ採用してもらえたらうれしいと感じましたね。

 

サーモンランのような大きくお金を稼ぐモードがないので、ブキやギアを買うのに苦労しそうだと感じました。WiiUのスプラトゥーンセットには、イイダとアオリのamiiboが付いていました。


スポンサーリンク

 

スプラトゥーン1のイイダとアオリのamiiboがニンテンドースイッチのスプラトゥーン2でも使えたのでラッキーでしたね。スプラトゥーン1のフェスやアップデートが、とっくに終わったらしいので、なんだかさみしいと感じました。

スプラトゥーン2とスプラトゥーン1を比べて、どちらがよかったか感じたこと

個人的な感想としては、スプラトゥーン1 のバランスもおもしろいですし、スプラトゥーン2のバランスもおもしろいと感じました。スペシャルはスプラトゥーン2くらいの弱さの方がちょうどいいと感じましたね。やられたあとのあおり行為がスプラトゥーン2より多いように感じました。ニンテンドースイッチは、あおり行為をしてくる人が少ないですね。スプラトゥーン1は昔からのプレイヤー層が多くて、スプラトゥーン2は、未経験の新しいプレイヤー層が多いからだと感じました。

 

スプラトゥーン1 の音楽は、スプラトゥーン2よりゲームらしい音楽でした。プレイしていて楽しい気分になれました。あと、夜中は時差がある外国人とのマッチングが多いですね。ぼく以外、7人とも外国人っぽいマッチングもありました。新鮮な気持ちでプレイできるので、外国人とのマッチングは楽しく感じましたね。スプラトゥーン2は夜中でも日本人ばかりですね。

 

スプラトゥーン2では、まだ採用されていないステージがあり、音楽もノリやすいので、たまにスプラトゥーン1 をプレイしたいと感じました。ただ、プレイ回数や時間はこれからも、スプラトゥーン2が変わらず多くなると感じました。

 

WiiU本体があれば、スプラトゥーン1 のソフト購入も検討してもいいだろう。ぼくみたいにスプラトゥーン2を経験したあとに、スプラトゥーン1 をプレイしたいだけで、WiiU本体も含めて買うくらいおすすめしたいとは感じませんでした。スプラトゥーン1 以外にやりたいソフトがたくさんあるなら、WiiU本体の購入も検討してもいいとは感じます。

スプラトゥーン1とスプラトゥーン2はどちらがストレスがたまりやすかったか

ぼくの個人的に感じたストレスについて書きます。スプラトゥーン2はストレスがたまりやすいですが、スプラトゥーン1の方がストレスがたまりやすかったです。

 

理由は、いくつかありますが、一つはスペシャルが強すぎることですね。下手でもスペシャルの打開ができて爽快感があると書いてあるのを見て、ぼくも楽しめると感じました。しかし、実際にプレイしてみると、ウデマエが高いプレイヤーにスペシャルを使われると、さらに厳しい戦況になったりすることが普通にありました。スペシャルを当てられまくったときは、思わず発狂してしまいましたね!スプラトゥーン2もストレスはたまりますが、発狂するぐらいにストレスを強く受けたのはスプラトゥーン1が初めてでした。

 

スプラトゥーン1のスペシャルを当てられまくったときのストレスはハンパなかったです。スプラトゥーン1は理不尽極まりないなと・・・。そして、スペシャルを使うことによる爽快感も特別に感じませんでしたね。お互いに理不尽な行為を押し付け合うのが、たまらなく苦痛でした。まだ、スプラトゥーン2のジェットパックの直撃食らった方が納得いきましたね。

あとはジャンプのボタン配置がちがうことは不便でしたね。相手プレイヤーの使用しているブキがプレイ中に簡単に確認できないことも不便だと感じました。ステージはスプラトゥーン2よりも広いから塗る爽快感が得やすいと書いていましたが、すべてのステージが広いわけでもないように感じました。

 

ただ、塗る爽快感はスプラトゥーン1の方がインクの塗り心地は気持ちいいと感じました。スプラトゥーン1からスプラトゥーン2を経験した人たちと感じることが違うのは当たり前ですね。ぼくは、スプラトゥーン2をプレイしてからスプラトゥーン1を初めてプレイしましたから。

 

しかも、今の時点でスプラトゥーン1のプレイ時間は、まだまだなので、プレイしていくごとに、「やっぱりスプラトゥーン1が最高でした!」に変わる可能性もあるかも知れません。

 

WiiU本体は、ニンテンドースイッチより、回線が切断されるエラーが多いように感じました。マッチングしたあとに、味方チームや相手チームがいきなり2人消えたりすることが結構ありました。本体の問題だから、どうしようもないと感じました。しかし、ニンテンドースイッチと同じ場所にWiiU本体を置いているのにインターネット回線が切断されるエラーが多いWiiUはストレスでした。これは、スプラトゥーン関係ないですね。

 

スプラトゥーン1をプレイしてみて音楽や塗り心地などは、スプラトゥーン2にも取り入れていただきたいと感じました。スペシャルはスプラトゥーン2くらいの弱さの方がちょうどいいように感じました。


スポンサーリンク
Pocket


コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
アクセスランキング(過去7日間)
ブログ運営者

あずえん

Capricious diary(気まぐれ日記)を書いています。ジャンルは、バラバラです。非常に該当の記事を探しにくい仕様にしてしまっていますが、気が向いたら修正していこうと思っています。っと、言うか、ひそかにちょっとずつ修正している悪戦苦闘の日々です。このブログ以外に別に2つブログ運営しています。このブログの出来が一番ひどいです^^;

最近の投稿
人気記事
カテゴリー