気まぐれ日記

性格は変わらないのか変えられるのか


性格は変わらないのか変えられるのか

どうも。

彼女いない歴史18年、借金問題抱え歴18年の、あずえんです。

親子共依存、機能不全家族、借金問題、精神疾患、自律神経失調症と、解決の糸口がなかなか掴めない悩みを抱えているが、仲間に相談したら、ある方を紹介してくれた。

そして、紹介してくれた人に僕自身の悩みを打ち明けた。

悩みに対するフィードバックの中から、改めて考えさせられたことは、人間の性格は簡単に変えられないし、変わらないと言うこと。

いくら、あれこれと、良かれと思ってアドバイスしても注意しても、怒っても、母親の性格は僕の力では変えられないと自覚した。

親子共依存で、母親に依存してしまっている僕。

母親の行動や思考に合わせるように生きている気がした。

悩みを打ち明けながら、自分自身で感じていたのは、母親を非難していて、自分を正当化しているようと感じた。

母親を非難していると言うことは、母親の性格が合わないから、変わってほしいと思い込んでいる。

そして、自分自身は正しいから性格を変える必要はないと、自分で自分自身に主張していると感じた。

自分の意見を主張するのは、悪いことではないが、相手を注意したり、非難すると言うことは、相手に行動を変えるように要求している。

行動の元になっているのは、考え方であり性格だ。

人にあれこれと性格を変えるように注文しても、性格は変わらない。

注意したり非難したりすると、自分自身もストレスが溜まるし、エネルギーを消耗してしまう。

注意したり非難したりしても、相手は性格が変わるどころか、固い個我の殻をますます硬くしてしまい、ツムジを曲げられたり、反論、反撃、反逆されて、自分自身は、ますますストレスが溜まるし、ますますエネルギーを消耗してしまう。

性格を変えることを注文することは、何も良いものは生まれない、むしろ、反論、反撃、反逆されて、ストレスが溜まり、エネルギーを消耗してしまい、時間も消費してしまう。

喜べないし、ラッキーになれないし、幸福になれないと感じた。

むしろ、相手が変わることを要求するなら、どうすれば、自分を変えられるか?

問題の原因、根源を相手に向けるのではなく、自分に向けてみると、意外に問題が解決に向かっていくように清々しく感じた。

自分の悩みを素直に言える仲間がいることは、喜びであり、ラッキーであり、幸福であるかも知れないと感じた。

相手に向けている指を自分に向けてみると奇跡が起こる。

では、また。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
人気記事
カテゴリー
ブログ運営者

あずえん

Capricious diary(気まぐれ日記)を書いています。ジャンルは、バラバラです。非常に該当の記事を探しにくい仕様にしてしまっていますが、気が向いたら修正していこうと思っています。っと、言うか、ひそかにちょっとずつ修正している悪戦苦闘の日々です。このブログ以外に別に2つブログ運営しています。このブログの出来が一番ひどいです^^;