体験談 引きこもり

30代の引きこもりが抜け出すための方法

投稿日:2018年5月23日 更新日:


30代の引きこもりが抜け出すための方法

どうも。

スプラトゥーン2のマイメロディとポムポムプリンの投票をどちらにしようか迷って決めれない、あずえんです。

僕は親子共依存になっている。

僕が自立して母親と別々に暮らしたら母親は一人で生きていけないだろうと感じて、同居したくないが同居をしてきた。

スポンサーリンク

母親に何度も一人暮らししたいと言っても、別々に暮らすと不経済だからと断固と反対されてきた。

ある日、母親が亡き後の僕の姿を想像したことがある。

おそらく、生き甲斐を見失い、食べ物や飲み物を口にすることを拒んで、餓死していくのだろうと感じていたことはある。

お金がある、ないは別にして意識の問題である。

今回、読んだ記事がこちら。

40~50代になってもひきこもる子。それを支え続ける70~80代の親。見えにくい親子の孤立が広がる。

スポンサーリンク

まさに、この記事は僕自身そのものの心境を物語っていると感じた。

今までの人生を振り返ってみると、20代半ばから後半の間に、一人暮らししたいと本気で考えていて、今よりも借金が少なかったタイミングで一人暮らししておけばよかったと何度も感じていたことはある。

自立するべき年齢のタイミングを逃してしまったがために、結婚のタイミングを、無くし、人生の失望を深めていき借金が積み重なり、精神的に病み自律神経が日に日に乱れていき、心身の神経があちこち、痛むようになってきた。

負の状況に陥ってしまったら、母親と二人だけで状況を乗り越えるのはもはや不可能だと自覚している。

本当は、心の奥底では助けてほしいと感じている。

もう、こんな目に会うのはウンザリだと感じている。

誰かに気付いてもらいたいと思っている。

しかし、親子揃って言葉にして助けてほしいとも言えない。

死んだ方がマシだと思ってしまうくらいに、ツマラナイプライドに縛られていたり、助けてもらうなんて恥ずかしいことだと思い込んでいるからだ。

ひきこもり支援の呼びかけにSOSを出すことに母親は反対している。

僕は、母親に内緒で、自立を支援してくれる窓口に問い合わせしている。

母親の意志だけを尊重し続けることに限界を感じたからだ。

僕と同じような苦しみを背負う人を一人でも減らすためにも、自分自身が自立を支援してくれる人に素直になってみようと考えている。

では、また。

スポンサーリンク

-体験談, 引きこもり
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

友達の父親がヤクザさんだった時に一緒に遊んだ話

友達の父親がヤクザさんだった時に一緒に遊んだ話 どうも。 図書館に行ったら休館日になっていたので、書籍をフードコートで読もうとしている、あずえんです。 スポンサーリンク お父さんがヤクザの友達との出会 …

日記ブログ179記事のカテゴリ細分化した感想と今後について

日記ブログ179記事のカテゴリを以下のように細分化しました。 サイドバー カテゴリ一覧 変更前サイドバー カテゴリ一覧 変更後カテゴリを細分化した目的と今後について サイドバー カテゴリ一覧 変更前 …

元喫煙者がビジネスホテルの喫煙可能な部屋で1泊した感想

元喫煙者がビジネスホテルの喫煙可能な部屋で1泊した感想 どうも。 ビジネスホテルの朝食バイキングを食べてから下痢を起こした、あずえんです。 スポンサーリンク 某ビジネスホテルに1泊宿泊した時の話になる …

ワードプレスからライブドアブログに移行した感想と課題

スポンサーリンク レンタルサーバーの契約は残り10ヶ月くらい残っていますが、今の日記ブログをワードプレスからライブドアブログに移行しました。 スポンサーリンク

うつ状態で休職や転職や退職を繰り返してしまう理由を掘り下げてみる

うつ状態で休職や転職や退職を繰り返してしまう理由を掘り下げてみる どうも。 コンビニの100円は、ミニストップが一番お気に入りの、あずえんです。 スポンサーリンク 今まで正社員を何度も転職と退職を繰り …