体験談 父親

離婚して生き別れた父親が同じ都道府県に住んでいた

投稿日:2018年5月16日 更新日:


離婚して生き別れた父親が同じ都道府県に住んでいた

どうも。

学生時代にゲーセンで好きだったレースゲームのサントラCDを聴きながらブログを書いている、あずえんです。

両親が離婚してから、父親は隣の都道府県に住んでいた。

それは、離婚してからも、たまに父親と会っていて、外食に連れて行ってもらったり、父親が住んでいるアパートに連れていかれたことは何度もあったからだ。

スポンサーリンク

最近、たまたま父親のフルネームを入力したら、あるコンクールで入賞していた。

そこに、フルネームと一緒に書いてある都道府県が、僕と同じ都道府県であることを知り内心驚いた。

両親が離婚してからも、僕と母親は同じ都道府県に住んでいる。父親は僕たちの近くに住んでいるのだ。

スポンサーリンク

父親はよく、あるジャンルのコンクールに度々、応募しているようで、優勝したり、銀賞だったり入賞だったりしているのだ。

それがなぜ分かるかと言うと、主催元がインターネットのホームページ等で、入賞者の名前と都道府県や年齢を公開しているからだ。

父親はSMSはしていないが、コンクールで結果を出すごとに名前と都道府県とインタビュー内容が載っていたりするのだ。

元息子としては、自慢の元父親である。

父親と一緒に住んでいた頃から、そのジャンルをしている時を度々、目にしていた。

父親は離婚して、再婚して、自分の人生を生きることができたからだろうか、父親のフルネームを検索して、隅々まで見ても、そのジャンルの結果を出したページばかりに当たる。

父親とは、性格が非常に似ていて成人後に居酒屋で一緒に飲んで語っていた時は、まるで自分自身と共に過ごしているかのような錯覚を感じるほどに、父親は自分の鏡と言うか分身のように感じた。

このような感覚は、親子であるから感じれるのだろうと、今さら振り返って感じれることだ。

父親と、また会って語らいたい気持ちもあるが、 僕は母親と同居して、親子共依存の関係である限り、父親との再会の変化を起こす勇気や覚悟が定まらない。

ただ、今も父親は生きていて同じ都道府県に住んでいるの事実を知れただけでも少し安心した気分になる。

再会の必要があれば、神様が機会を必然的に与えてくださる、そんな気はする。

では、また。

スポンサーリンク

-体験談, 父親
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

親子共依存のアラフォー独身男性の38年間の人生を振り返ったボク

スポンサーリンク ぼくが8歳の時に両親が離婚しました。原因は、お互いの性格が合わなかった事と父親の浮気らしいです。そして、母親と二人暮らしの日々を送り30年の月日が経過しました。 スポンサーリンク

アフィリエイトで稼ぐ絶好のチャンスを逃したバカな体験

過去にアフィリエイト教材やセミナー講師をされていたアフィリエイターの方々と交流していた時期がありました。 その方々は、今では年間で推定、数千万円のアフィリエイト報酬を稼いでいます。 数年前に、その方の …

先月に開設した無料ブログのアクセスが日記ブログよりも多くなったのに報酬が発生しない件

スポンサーリンク 先月に作成した、ジャンルを選定して、テーマ特化したアフィリエイトブログですが、数日前からアクセスが伸びてきていました。 日々のアクセス数は、ワードプレスの日記ブログを越えています。 …

友達の父親がヤクザさんだった時に一緒に遊んだ話

友達の父親がヤクザさんだった時に一緒に遊んだ話 どうも。 図書館に行ったら休館日になっていたので、書籍をフードコートで読もうとしている、あずえんです。 スポンサーリンク お父さんがヤクザの友達との出会 …

先に人に与えても受け取ってもらえないと借金は増える

先に人に与えても受け取ってもらえないと借金は増える どうも。 今日は3時間しか寝ていない、あずえんです。 僕の仲間から スポンサーリンク 「僕は、仲間から、自分の良い行動、良いものを与えて行くというと …