気まぐれ日記

ブログ1年で500記事、書いたけど、月3000円しかアドセンス見積りない


1年運営しているブログ、これとは別に一つあるけど、月に3000円くらいの見積もりになっている。4000円台になったことはあるけど、5000円台になったことはない。年にしたら、約36000円くらいなのだろうけど、年間で36000円稼げているのは、これ、OKなのかどうか、疑問である。

なんせかなりがんばって500記事書いて、関連コンテンツ解放もして、(このブログは関連コンテンツ解放していないけど)体験談ベースで書いて、ツイッターで更新情報を流して、Facebookページで更新情報を流して、はてなブックマークもつけているけど、なんだか、もどかしい結果になってしまっている。

 

他の人たちが運営しているブログを見てみると、だいたい半年くらいで月20万稼げているとか、30万稼げているとか、私より、運営歴短いのに、それだけ稼いでいる人たちを見ていると、自分はブログで稼ぐことに合わないのだろうとつくづく感じてしまう。ブログで稼いで本業にすることは無理だと感じた。誰かに雇われて、ブログは趣味の延長線上、自己満ブログしか作れない思考なのだろうと感じた。

 

なんだか悔しい気持ちもあるけど、仕方ない。今までたくさんの情報教材を買ってきたり、アドセンス書籍、アフィリエイト書籍を買ったり、アフィリエイトのセミナーに参加したりして、ブログで稼ぐための努力をしてきたつもりだったが、努力の方向性が間違っているのだろう・・・。稼げない・・・。年間で36000円で生きていくことはできない。

 

月に3000円で本業にすることはできない。月に20万、30万稼いでいる人たちと、比較したら、自分は、ブログで稼ぐことに向いていないと感じる。500記事も書いてきたのに、って思ってしまう。質より量になってしまっている。体験談ベースなので、質もあるだろうと思っていたが、どうもニーズがないみたいだ。

 

時々、記事に長文コメントを書き込んでくれる人が、2~3人いらっしゃるのだが、コメントをくれる人がいるのと、ブログで稼ぐとは別問題ではないかと感じている。長文のコメントをくれる人たちは、私のブログをしっかり読んでくれているのが伝わってくるので、ああ、読んでくれている人がいるのだな、って思うと、続けた方がいいのか、このブログって思ったりして、このブログより、熱量をかけて続けてきたけど・・・。

 

500記事を書いているブログに記事を投稿するたびに、コメントが来るかどうか気にしてしまっている。コメントをくれたら、返信しないといけないし、コメントをくれなかったら、くれなかったらで、なんだか寂しい気持ちになってしまうので、ブログで稼ぐという考え方から、コメントが来るかどうか、みたいな感じに考えがすり替わってしまって、ブログで稼ぐという本来の目的を忘れてしまうことが、よくある。

 

正直、ブログで、せめて月10万は稼ぎたい。月10万稼げるブログが作れたら、残りはアルバイトで生きていくことができるという楽観的な考えをしてしまっている。正社員はキツイし、派遣社員もいつ派遣切りに合うかわからないし、アルバイトがなんとなくフットワーク軽く働ける。かと、言って、アルバイトは時給制なので、時間をかけまくらないと、収入にならない。

 

その収入を補うために、ブログを運営しているのだが、期待しているブログが月に3000円・・・。時給1000円のアルバイトをしていたとしたら、アルバイトの3時間分くらいしかブログは働いてくれていない計算となる。もう、このブログ、腐ってしまっているのだろうか・・・。でも、コメント来るから、生きているのか・・・?よくわからないけど、もうちょっと続けてみて、ダメだったら、ブログ界隈から引退して、アルバイト掛け持ちで生きていくとか、考えた方がいいのかなって思ったりしている。ブログを書くことに時間とお金を無駄に消耗している気がするので・・・。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

人気記事
カテゴリー
ブログ運営者

あずえん

Capricious diary(気まぐれ日記)を書いています。ジャンルは、バラバラです。非常に該当の記事を探しにくい仕様にしてしまっていますが、気が向いたら修正していこうと思っています。っと、言うか、ひそかにちょっとずつ修正している悪戦苦闘の日々です。このブログ以外に別に2つブログ運営しています。このブログの出来が一番ひどいです^^;