気まぐれ日記

日記ブログのサイドバーの人気記事ランキングを削除するとアクセス数が2倍になった原因とは


Pocket

この日記ブログは10ヶ月ほど運営しています。広告はアドセンスでアフィリエイトリンクは、ほとんど貼り付けていません。テーマはブログ管理人自身の体験談や思いついたブログネタを中心に書いていますので、固定されたテーマはありません。

そんな日記ブログを運営してきて、サイドバーのトップには、当たり前のように人気記事ランキングを設置していました。すると、ほとんどネオジオミニの事やニンテンドースイッチのスプラトゥーン2について書いた記事が上位にランクインしていることが多いのです。

スポンサーリンク

ゲーム記事以外にビジネス書の書評、病気のこと、就職、転職のこと、債務整理、親子共依存、機能不全家族など、まさにテーマがバラバラな状態です。このような中で2記事目や3記事目を見てくれる可能性をつぶしているのが、人気記事ランキングの存在だと感じました。

例えば、債務整理の悩みがあって訪問された方が、ゲーム記事をスプラトゥーン2の記事を読みたがっている人なのだろうか?スプラトゥーン2のプレイヤー層は10代未満、10代が全体の半分以上で、ぼくのようなアラフォー世代は10%くらいなのです。

債務整理の記事を読んだ後に、人気記事ランキングの上位にきているスプラトゥーン2の記事を読んでくれる可能性は極めて低いと感じました。だから、人気記事ランキングを削除する代わりに、直近のコメントとカテゴリを設置することにしました。

さいわいにも、何人かの方からブログを読んだ後の感想を書いてくれていましたので、読んでくれた方がコメントを書いてくれやすくなるように感じました。また、カテゴリを設置したのは、この日記ブログには、このようなテーマを書いている記事がありますと言うことを伝えたいためです。

人気記事ランキングの上位はゲーム記事が中心なので、その他のブログテーマは何が書いているのかアピールできませんでしたが、カテゴリを見せることで、訪問者に興味があるテーマがあるかどうかを選んでもらえるのではないかと感じて設置しました。あと、サイドバーは意外と見てもらいにくいと言う情報に触れることができました。

スポンサーリンク

サイドバーは役に立たない?全てのサイドバーが役にたたないわけではないのですが、大半は役に立ちません。役に立つサイドバーとそうでないサイドバーはどう区別するのでしょうか。それは「目的」で区別します。まずは問いかけて見てください。「サイドバーに何を入れようか?」と。

もし答えが「リンク」であれば、より具体化してみましょう。それはナビゲーションリンクですか? またはおすすめのコンテンツへのリンクですか?

全てのリンクが等しく制作された物ではありません。

引用元:多くのサイドバーが役に立っていない理由とは? | UX MILK | クリエイターのためのUXメディア

そういった理由からサイドバーには広告も貼らないことにして、直近のコメントとカテゴリと新着記事だけにしています。人気記事ランキングを外して、直近のコメントとカテゴリを設置してから、日々のアクセス数が増えました。

人気記事ランキングを外す前のアクセス数の2倍から最大で4倍くらいです。人気記事ランキングを外したあとは、ほとんど記事更新はしていません。訪問される読者の気持ちを考えて見たことで思いつきました。

なお、人気記事ランキングを設置する価値があるブログは、テーマ特化型でしょう。記事のすべてが関連されているので、人気記事ランキングは読まれやすいでしょう。ぼくのような、特定のテーマが存在しないような日記ブログやテーマが複数あるような雑記ブログは、人気記事ランキングの設置は向いていないと個人的に感じています。

自分が読者になったつもりで自分自身のブログの中を散歩していると、思わぬ収穫があるかも知れません。ブログメンテナンスも兼ねて自分自身のブログを客観的に訪問してみてはいかがでしょう。

「日記ブログのサイドバーの人気記事ランキングを削除するとアクセス数が2倍になった原因とは」は以上となります。

スポンサーリンク
Pocket


コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

アクセスランキング(過去7日間)
ブログ運営者

あずえん

Capricious diary(気まぐれ日記)を書いています。ジャンルは、バラバラです。非常に該当の記事を探しにくい仕様にしてしまっていますが、気が向いたら修正していこうと思っています。っと、言うか、ひそかにちょっとずつ修正している悪戦苦闘の日々です。このブログ以外に別に2つブログ運営しています。このブログの出来が一番ひどいです^^;

最近の投稿
人気記事
カテゴリー