うつ状態 体験談

うつ状態で休職や転職や退職を繰り返してしまう理由を掘り下げてみる

投稿日:2018年4月28日 更新日:


うつ状態で休職や転職や退職を繰り返してしまう理由を掘り下げてみる

どうも。

コンビニの100円は、ミニストップが一番お気に入りの、あずえんです。

今まで正社員を何度も転職と退職を繰り返すパターンを振り返ると、人間関係がどうしても我慢できなかったからだ。

人間の種類も大体同じであった。

土足で人の心にズカズカと侵入してきたり、自分の価値観を人に押し付けてきたり、性的な嫌がらせ。

スポンサーリンク

労働問題であるセクハラやパワハラに遭ってしまうのだ。

今回、とうとう精神疾患になってしまい、誰に心の苦しみを相談しても理解してくれる人がいなかった。

まるで、僕が、人間として、頭が狂っているのではないか、と、自己不信になってしまった。

ただ、苦しい気持ちを受け止めて欲しいのに、努力が足りないとか、我慢が足りないとか、甘えているとか、無責任なことを言われて突き放されてしまうのだ。

辛いから相談しているのに、逆に説教されてしまう。

日本だけが、こうなのかわからないが、この世は、夢も希望も持てない。

失意、絶望感、ただの苦しみが当たり前の生き方なのかと、錯覚してしまう。

そのような中で、共依存、アダルトチルドレンの言葉に出会った。

アダルトチルドレンの言葉を知り、アダルトチルドレンの意味を知り、自分はアダルトチルドレンだと自覚することで、だんだん心が軽くなってきた。

ついに、心の病いの原因に出会うことができた。

今、共依存やアダルトチルドレンの書籍を何冊か借りて読んでいる最中である。

共依存とアダルトチルドレンの書籍を読めば読むほどに、自分の生きてきた過去、そのものが、詳しく書かれているのだ。まるで、僕が生まれてから、ずっと監視してたような記録を読んでいるような気分になるほどである。

共依存とアダルトチルドレンの人間は、転職や退職を繰り返し、人間関係に悩み続けてしまうと書いてあるのだ。

どうしても、退職の決め手になってしまうのは、生理的にどうしようも合わない人から、パワハラやセクハラを受けてしまい、会社で仕事を続けて行くのが、耐えられなくなってしまう状況に追い詰められてしまうのだ。

僕が生理的に合わない人間は、確かに周りの人たちに嫌われてはいる。

スポンサーリンク

くしゃみをすると、臭いツバを撒き散らされ、生理的に不快な思いをする。

トイレに絶対についてくる。

人の用を足している姿を観察して、周りに様子を言い触らす。

仕事をタテに怒鳴り散らす。

仕事が始まる前や終わった後も、しつこく付きまとってきて、行きたくもない歓楽街に強引につき回され、会計時におごるように強要される。

何度も断っても飲みたくない酒を強引に飲ませてくる。

食べたくない食べ物を強引に食べるように脅してくる。

周りの上司や従業員は、お前の悪口ばかりを言っていると、架空の話を作り出し、人を惑わし混乱させる。

など、なぜ、このような身に覚えのない嫌な目に遭わないといけないのか。

仕事は真面目にしているのになぜ、退職に追いやられて、無職にならされるのか。

なぜ、無職にならされて、生活費や税金が払えなくなり、クレジットカードで支払いを済まさざるを得ない状況に追い詰められてしまうのか。

なぜ、クレジットカードの借り入れ額が増えて行き、結果的に毎月の支払いが苦しくなり、お金に困るように追い詰められてしまうのか。

これらの、転職や退職を繰り返すこと。

借金の悩み、精神疾患の悩みのすべての原因が、共依存でありアダルトチルドレンだと知ってから、詰まっていたパイプの粗大ゴミを取り除き、水が正常に流れるようになって、スッキリした感覚と似ている。

それくらい、共依存とアダルトチルドレンが影響していたのだ。

共依存とアダルトチルドレンになってしまったのは、両親の離婚であり、機能不全家族で悲しい、苦しい、寂しい体験の積み重ねによるものだと自覚できた。

また、悲しいことに、共依存は一代に止まらずに連鎖すると書いてあった。

父親の先祖と母親の先祖と両家共に、財産を築いたのちに、破産しているらしいのだ。

僕は、母親や父親を共依存の対象と見ていたが、

「悲しいことに、共依存は一代に止まらずに連鎖する」

と書いているのを読んで感じのは、時代を超えて共依存やアダルトチルドレンが先祖代々、継承され続けてきたのだと感じた。

平成 ⇒ 昭和 ⇒ 大正 ⇒ 明治 ⇒ 江戸 ⇒ 安土桃山 ⇒ 戦国 ⇒ 。。。

と、先祖の共依存やアダルトチルドレンのDNAを僕は継承しているのだろうと感じた。

そう考えると、ただ単に、母親を責めたり、父親の浮気を責めたりしても、絶対に解決はできないと感じた。

むしろ、どうすれば、継承されてきた共依存やアダルトチルドレンを解放することができるのかを追求することが大切だと感じている。

共依存やアダルトチルドレンになっている自分の体験を通して、同じような悩みを抱えている人々の参考になれればと考え、これからも、共依存やアダルトチルドレンの体験を書いていきたい。

では、また。

スポンサーリンク

-うつ状態, 体験談
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

親子共依存のアラフォー独身男性の38年間の人生を振り返ったボク

スポンサーリンク ぼくが8歳の時に両親が離婚しました。原因は、お互いの性格が合わなかった事と父親の浮気らしいです。そして、母親と二人暮らしの日々を送り30年の月日が経過しました。 スポンサーリンク

テレアポは相手からアポイントをしていただくインバウンド手法が最強でしたね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ぼくは、テレホンアポインター歴、ザックリ10年くらいになります。商材は、 学生へのセミナー勧誘 社長や役員を対象とした市場開拓セミナー勧誘 不用品買い取り …

アフィリエイトの稼げるジャンルとやってみたい案件

アフィリエイトの稼げるジャンルとやってみたい案件 どうも。 カフェでニンテンドースイッチに熱中している男性を見て、僕もカフェでやってみたいと感じた、あずえんです。 スポンサーリンク このエントジアズモ …

アフィリエイトサイトを作っても稼ぐことができなかった5つの原因とは

スポンサーリンク 苦労に苦労を重ねて作成したアフィリエイトサイトを作ったのに、まったく稼げなかったら、せっかくの苦労が水の泡だと思いませんか? ぼくは、高額のアフィリエイト教材を、数えていませんが20 …

ドコモ15年使っていたがLINEモバイルに乗り換えた

ドコモ15年使っていたがLINEモバイルに乗り換えた どうも。 ドコモは、トータルで17年利用してきたあずえんです。 (ドコモを2年ほど使ってから、Jフォン(現ソフトバンク)を1年くらい。再び、ドコモ …