気まぐれ日記

味覚糖のど飴EXを愛用して5年だが風邪で内科に行くことがなくなった


Pocket

味覚糖のど飴EXを愛用して5年だが風邪で内科に行くことがなくなった

どうも。

書籍を読んだり、スプラトゥーン2をしたり、書籍を読んだり、スプラトゥーン2をしたりを繰り返して、一日を過ごした、あずえんです。


味覚糖 のど飴EX 90g×6袋

味覚糖のど飴EXには、プロポリスとローヤルゼリーが入っている。

薄いハチミツと薄いミルク味になっている。

オペレーターや電話営業で一日中、仕事ではひたすらマニュアルを読んでいた。


スポンサーリンク

一つのフロアに100人くらいいるコールセンターにいると、咳をゴホゴホしたり、タンを詰まらせて、吐いている人とかたくさんいる。

たくさんの従業員が電話でひたすらしゃべっているので、どうしても室内の空気が汚れやすくなる。

また、風邪を引いている人が近くにいたら、感染してしまう可能性もある。


スポンサーリンク

僕は、たまたま近くのドラッグストアで、味覚糖のど飴EXを見つけて買ってみた。

仕事中にどうしても喉がイガイガしてしまうのだ。

特に冬には空気が乾燥したり、風邪をひく人も多くなるので、喉の調子が悪くなりやすかった。

今まで、コンビニや、ドラッグストアで、色んなのど飴を試してきたが、のど飴で、満足をしたことがなかった。

喉飴は、あくまで、気休め程度にしか考えていなかった。

しかし、心のどこかで、医者いらずの効果を実感できるくらいの、喉飴があるのではと思っていたのかも知れない。

味覚糖のど飴EXが僕に合っていたようだ。

味覚糖のど飴EXが売り切れで、別の味覚糖のど飴(プレーン)だったり、他のメーカーでの同じようなプロポリスやローヤルゼリーが入っている喉飴を試しても、味覚糖のど飴EXのような満足を得ることはできなかった。

また、母親も、喉の調子が悪くなったり、風邪を引いたときに、味覚糖のど飴EXを上げた。

すると、母親も僕と同じように満足したようだった。

今では母親も、味覚糖のど飴EXをドラッグストアで定期的に買うようになった。

最初開けたときは、白い粉がまぶされていて、いかにも満足できそうな喉飴といった感じである。

味覚糖のど飴EXを何度も開封していくと、だんだん、白い粉がなくなっていく。

今回の記事は具体性に欠けて、抽象的な曖昧な表現にはなっているが、味覚糖のど飴EXは、僕の人生に欠かせないアイテムと伝えたかった。

味覚糖のど飴EXは、舐める価値は、充分ありと言えるので、共有したいと感じた。

ドラッグストアでも売っていないところは、多いので、ドラッグストアに問い合わせて、在庫が置いているか電話で確認した方がいいだろう。

では、また。


スポンサーリンク
Pocket


コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
アクセスランキング(過去7日間)
ブログ運営者

あずえん

Capricious diary(気まぐれ日記)を書いています。ジャンルは、バラバラです。非常に該当の記事を探しにくい仕様にしてしまっていますが、気が向いたら修正していこうと思っています。っと、言うか、ひそかにちょっとずつ修正している悪戦苦闘の日々です。このブログ以外に別に2つブログ運営しています。このブログの出来が一番ひどいです^^;

最近の投稿
人気記事
カテゴリー