気まぐれ日記

ツイッターの迷惑なフォロワーを増やさない方法


Pocket

ツイッターの迷惑なフォロワーを増やさない方法

どうも。

ニンテンドースイッチのスプラトゥーン2を昼間から6時間連続でプレイしてしまい、気づいたら夜になって、あわててブログを書いている、あずえんです。


※闇雲にフォローしていた時は、約700くらいフォローがあった。現在は、絞って160フォローくらい。

最近、ブログを更新してから、ツイッターのアカウントを取得した。

ツイッターのフォローをしまくったら、フォローを返してくれたり、ツイートで

いいね!

をしてくれる。

ツイートの内容はブログ更新とYouTubeに動画をアップした時くらいだ。

最近、改めて気づいたのだが、

いいね!

やフォローをしてくれても、ブログを読んでないのに、

いいね!


スポンサーリンク

を押されたり、YouTubeの動画を見てくれたわけでもないのに、

いいね!

と、押してくる人もいるわけで。

そのくせ、メッセージで友達になりたいから、LINEしましょうと、LINEに誘導してきたりするアカウントが結構多かった。

数字が欲しい魂胆だけの、フォロワーや

いいね!

を押してくるアカウントの特徴が、だいたいわかってきた。

ツイッターの迷惑なフォロワーではなく、人間として生きている、普通にコミュニケーションができるフォローやフォロワーを増やしていく方法を僕なりに感じたことを書いておきたい。

フォローは、何でもかんでも、フォロワーを増やしたいからと、闇雲にフォローしない。

フォローするなら、企業の公式アカウントや、実在している個人のアカウント。

例えば、身近な存在だったら、コンビニ。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、サークルKなどの公式アカウント。


スポンサーリンク

食べ物のメーカー。グリコとか、ハウス食品などなど。

雑誌や書籍の発行元企業。

シャンプー、歯磨き、タオルを製造している企業。

乗っている自動車メーカーや知っている自動車のメーカー。

マクドナルドやロッテリア、ケンタッキーフライドチキンなどのファーストフード店。

知っている企業の社長さんや芸能人など。

そういった誰でも知っている存在を中心にフォローする。

闇雲にフォローしていた時は、LINEに誘導してくる女性のプロフィール画像を貼っているアカウントや、金儲けしてますアカウントばかりにメッセージやフォローされていた。

ツイッターの迷惑なフォロワーにフォローするのを止めて、一旦フォローを全て解除した。

そして、コンビニや知っている企業やメーカーのみをフォローした。

すると、LINEに誘導してくる女性のプロフィール画像を貼っているアカウントや、金儲けしてますアカウントからのフォローではなく、普通のフォロワーが増えていった。

普通のフォローをしたら、普通のフォロワーが増えていく。

おかしなフォローを増やしたら、おかしなフォロワーが増えていく。

フォロワーを増やしたいばかりに、おかしなフォローやおかしなフォロワーばかりとつながっていると、良質なアカウントの縁がつかなくなってしまう。

数を稼ぎたいばかりに、闇雲に行動するのは、よくないと感じた。

ツイッターが自分の理想通りのフォロワーが付いているか?

理想通りのフォローをして、本当に必要な情報を得るためのフォローをしているか、これからも気をつけたい。

では、また。

編集後記

今日は、昼間から夜まで、ファーストパーソン・シューティングゲームに熱中してしまった。

ファーストパーソン・シューティングゲーム は、略すとFPSと言うが、ゲームとしての中毒性が非常に高いらしい。

FPS は終わりがないゲームと言われている。

いわゆる無限ループ状態。

明日は、 ファーストパーソン・シューティングゲームは、1ゲームもしない。書籍を読むにする。

今日も、FPSを1ゲームだけ。

と思ってやって、気が付いたら、止められなくなったので、1ゲームでも手を付けてしまったら、もう、歯止めがきかなくなることを改めて感じた。


スポンサーリンク
Pocket


コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
アクセスランキング(過去7日間)
ブログ運営者

あずえん

Capricious diary(気まぐれ日記)を書いています。ジャンルは、バラバラです。非常に該当の記事を探しにくい仕様にしてしまっていますが、気が向いたら修正していこうと思っています。っと、言うか、ひそかにちょっとずつ修正している悪戦苦闘の日々です。このブログ以外に別に2つブログ運営しています。このブログの出来が一番ひどいです^^;

最近の投稿
人気記事
カテゴリー