気まぐれ日記

スポーツのインストラクターに伝えた無料でホームページ集客する方法


どうも。

過去にホームページ会社で新規開拓を中心の営業職をしていた、あずえんです。

前回から1ヶ月振りにスポーツのインストラクターをしている友人とカフェで話をした。

1ヶ月経過してから、ホームページの運用について気になっていたので、いくつか質問していた。

すると、過去にホームページのリニューアルをホームページ会社に依頼したらしいのだが、100万円以上の契約金額だったとのこと。

100万円以上の契約金額は5年の分割、リース契約とのこと。

ホームページを作成してもらってから、担当者に電話をかけているが不在ばかり。

ホームページ会社は、他者のホームページ会社の傘下になって、契約後に担当者が入れ替わった関係なのか連絡が取れないと言う。

リースの契約期間は約3年くらいは残っている。

さらに、スポーツクラブ会員の中にウェブのコンサルティングをしている人がいたらしく、スポーツクラブ会員の会費を無料にする代わりに、会社のホームページのコンサルティングを依頼していた時期があったそうだ。

ホームページのコンサルティングによって、写真撮影、動画撮影、ホームページのカスタマイズなどのアドバイスが半年くらいあったらしい。

会費を無料にしていたコンサルタントは仕事の関係で他の地域に行ってしまったらしく、中途半端な状態で放置されたらしい。

それらの話を聞いたうえで、僕はスポーツクラブのホームページをスマホでじっくりと見てみた。

すると、気になる点が何箇所かあった。

女性の集客に力を入れたいとのことで、ダイエットや美脚、美尻などの女性が気になる文面になっていた。

しかし、ホームページのコントラストが力強い男性向きのイメージに感じた。

最初は、男性会員の呼び込みのために作っていたホームページだった。

男性会員が集まったので女性会員を増やしたいと言うことで女性向きのコンテンツを作っていた。

ところが、ホームページの雰囲気は以前のままだったために、女性向きのコンテンツがホームページの雰囲気にマッチしなかったのだ。

女性向きのコンテンツをメインにしたい場合は、ホームページのコントラストや雰囲気も変えた方がいいとアドバイスした。

続いて、写真撮影や動画撮影をしている作品をチェックしてみると、なんだか素人が撮影したように薄暗いのだ。

また、迫力にもかける。

紹介しているコンテンツに対して写真の雰囲気がマッチしていない。

さらに、動画をチェックして見ると、なんだか雰囲気が暗い。

そして、対談している声が非常に聞こえにくかった。

誰が写真撮影したり、動画撮影したのか聞いたら、友達自身がすべての撮影をスマホでしていたとのこと。

また、SEO対策で致命的と感じたのは、友人が働いているスポーツクラブよりも、最近、新しくできた同じ地域のスポーツクラブのSEO対策が上だった。

友人のスポーツクラブの運営歴は長くて、ホームページのドメインも少なくとも5年以上は経過している。

ところが、1年未満のドメインで作ったホームページが上位表示されていたのだ。

上位表示されているスポーツクラブのホームページを見ると、SEO対策によるキーワード選定は意識して、入れられていて、写真や動画もきれいにまとまっていた。

友人のホームページと比べてみて、残念ながらgoogleの評価が適正だと感じた。

そこで、アドバイスしたのは、契約しているホームページ会社に集客できていないことについて、問い合わせて、写真や動画などのコンテンツをしっかり作ってもらうように依頼した方がいいとアドバイスした。

ホームページ会社が提供した100万円以上の5年リース契約内容は、ホームページ作成やリニューアルだけではなく、コンサルティングもセットで契約しているはずだから、コンサルティングを依頼するようにアドバイスした。

友人のインストラクターは、曜日や開始時間が固定されているレッスンを何個か持っていて、ビギナー会員の指導している。

現場仕事に加えて、ホームページのカスタマイズやコンテンツ作成をしていくのは、かなり厳しい状況みたいだった。

さらに聞いてみると、事務職の専任が不在とのことで、友人がレッスンや指導に加えて、スキマ時間に事務職やホームページの更新作業などをしているとのことだった。

アドバイスしたのは、パフォーマンス向上のために事務職と広告担当を雇用を検討した方がいいと伝えた。

友人は、固定の休みがほとんどないらしい。

レッスン、指導、そしていくつもの雑用があるために休むに休めないらしい。

こうして友人と2時間くらいのカフェで、話した内容は以上となる。

友人から、

「コンサルタントになればいいのに。」

と、言われた。

僕はコンサルタントを生業にしたいとは思わなかった。

あくまで趣味や奉仕の範囲でしか考えていないからだ。

友人は、久しぶりにホームページのカスタマイズやコンテンツ作成に挑戦してみると前向きになったようだった。

心配だったのは、ホームページ会社の担当者がつかまるかどうか。

ホームページ会社の担当者がホームページのコンサルティングをきちんとしてくれるかどうか。

ホームページが改善されて、集客や人材雇用につながり、友人の雑用の負担が分散されて、パフォーマンスが向上するかどうか。

しばらくは、できる範囲で友人にアドバイスを続けていこうと考えた。

では、また。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

人気記事
カテゴリー
ブログ運営者

あずえん

Capricious diary(気まぐれ日記)を書いています。ジャンルは、バラバラです。非常に該当の記事を探しにくい仕様にしてしまっていますが、気が向いたら修正していこうと思っています。っと、言うか、ひそかにちょっとずつ修正している悪戦苦闘の日々です。このブログ以外に別に2つブログ運営しています。このブログの出来が一番ひどいです^^;