気まぐれ日記

敬老の日は何歳から老人になるのか


敬老の日は何歳から老人になるのか

どうも。

保育園時代に敬老の日に祖父母にプレゼントしたのはキーホルダーだったことを覚えている、あずえんです。

国民の祝日である敬老の日は何歳からなのか。

定年の60歳から高齢者、シニア世代、老人あつかいなのか。本人の年金の受給が始まってから敬老の日を祝うようにするのか。

まず、興味深い記事を見つけたので紹介したい。

敬老の日の始まり

前略

昭和22年当時は、戦後の混乱期に当たり子供を戦場へ送った親たちの多く精神的に疲労の極にあった。門脇は、そうした親らに報いるべく「養老の滝」の伝説にちなみ、9月15日を「としよりの日」とし、55歳以上の人を対象に敬老会を開催した。これが全国に広がりを見せ、国民の祝日「敬老の日」制定につながった。
引用元:敬老の日 - Wikipedia

昭和22年当時は、会社の定年である60歳ではなく、50代の半ばから年寄りと認識されていたようだ。

ただ、昭和22年当時の認識になる。

そこで、主な年齢の平均余命|厚生労働省の資料を一部、引用させていただく。

昭和22年の厚生労働相の平均寿命年次を見てみると、50代前半になっている。

平成22年のデータを見てみると、80代前半になっている。

約60年の間に30年くらい寿命が延びていることになる。

しかも、昭和22年当時の老人の年齢の認識が55歳以上になっている。

平均寿命が50代の前半なっている。

このデータから見ると、寿命を迎えるかも知れない年齢の時になって、ようやく敬老の日にお祝いされていたことになる。

昭和22年当時のデータを見てみると、55歳から敬老の日で高齢者、シニア世代、老人にお祝いするのが、非常に遅すぎたのではないかと感じる。

今の時代は平均寿命が80代の前半くらいなので、敬老の日を30年くらい迎えることができる。

ただ、今の時代は何歳代が高齢者やシニア世代と認識されているか、確認した内容を紹介したい。

適用条件
以下の条件をすべて満たすお客さま
1.ご利用者が60歳以上であること
引用元:シニアはじめてスマホ割 - NTTドコモ
満55歳以上の方にご加入いただける「BASIO2」、「BASIO」と「AQUOS K SHF31」専用の料金プランです。
引用元:シニアプラン | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au
コナミスポーツクラブでは、社会の高齢化が進み介護予防へのニーズが高まるなか、健常高齢者に特化したサービス「OyZ(オイズ)」を展開しています。

「OyZ(オイズ)」は、高齢者の方が若さと活力の扉を開き、人生をより楽しく過ごしていただくことをテーマに、「60歳からの運動スクール」を開校しています。
引用元:OyZ(オイズ) ~60歳からの運動スクール~ ~ コナミホールディング

『シニア世代大歓迎!』50代・60代のお仕事情報満載!
あなたの都合に合ったお仕事が見つかります!
引用元:50代・60代中心のお仕事情報サイト【シニア求人ナビ】

このように見ると、だいたい55歳から60歳以上くらいから高齢者やシニア世代と認識されていることがわかる。

今の平成時代に敬老の日が何歳からお祝いしたいかを考えたら60歳を過ぎてからが妥当なのだと感じられる。

ただ、60歳を過ぎた本人が老人、高齢者、シニア世代と感じていなかったり、思われたくない強い認識を持っている場合もある。

敬老の日は55歳以上とか60歳以上の人をお祝いするだけではなく、本人たちのが喜んでくれるか、悲しまれてしまうか、事前に知っておくことがポイントとなる。

本人たちの気持ちがはっきりわからない場合は、敬老の日だけ本人たちに気づかれないように、いつもよりちょっとだけさりげなく優しく接してみるのもいいだろう。

例えば、

本人が好きな食べ物を買ってきたり。
本人が好きな映画のDVDを一緒に見たり。
一緒に買い物に行ったり。
一緒に散歩してみたり。
一緒に外食してみたり。
老化防止や免疫力が上がる食材の手料理を作って一緒に食べてみたり。

敬老の日に特別感のあるようなサプライズを用意するより、普段よりちょっとだけ特別な事をするだけでも、シニア世代孝行、祖父母孝行、親孝行につながる。

本人たちに気づかれる孝行より気づかれないようにさりげなくお祝いする。

自分が生まれてから、お世話になったお礼の気持ちは目に見せることだけがすべてではない。

敬老の日は何歳からしたいと考えることも大切。

もっと大切なのは、たとえ目に見えなくても、まごころを運んでいくことが、本当の敬老の日での孝行だと感じられる。

では、また。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

人気記事
カテゴリー
ブログ運営者

あずえん

Capricious diary(気まぐれ日記)を書いています。ジャンルは、バラバラです。非常に該当の記事を探しにくい仕様にしてしまっていますが、気が向いたら修正していこうと思っています。っと、言うか、ひそかにちょっとずつ修正している悪戦苦闘の日々です。このブログ以外に別に2つブログ運営しています。このブログの出来が一番ひどいです^^;